音だけの花火が鳴り響く。


f0100505_2356452.jpg


スリーマの海岸にて。



岩礁と夕日と、生温かい潮の匂い。


しゃてと。もう待ちきれない。


潮風にやさしく揺れるワンピース脱ぎ捨てて。そそくさと海へザッブーン。







海のなかは最高に気持ちよかった!!素もぐりで普通に魚が見れたよ~。


ただこの日泳いだスポットは、すぐに水深が深くなるところだったから、

ビビリなみぃは岸辺をちまちまとしか泳げなかったけど。




f0100505_23573091.jpg

スリーマは海岸沿いに広がる町なので、みんな至るところで海水浴!!

でも砂浜ではなく岩礁だから、ゴツゴツしてて素足で歩くにはちょっと痛いかな~。

みぃ的にはこの岩肌の感じがけっこう好きだったり。



ひと泳ぎして、ホテルへ戻る道すがら。




f0100505_23565680.jpg

みぃのしおりにも載ってる「Ta' Kolina」というレストランを偶然発見☆

夕食がてら入ってみることに。


ここではマルタの伝統料理が味わえるとのこと。 海の見えるテラスに案内してくれました。



f0100505_2357130.jpg

これはマルタパン。 料理を注文すると、たいていのレストランでこのパンが付いてくるそう。


ガイドブックなどでは、とにかくこのマルタパンは美味しいから食べる価値あり!!って書いてあって。
(春樹の「ねじまき鳥~」の中でも、加納マルタいわく「マルタのパンはとても美味しい」って言ってた覚えがありますなぁ。)


だから、どんだけ美味しいものなのかしら~と期待して食べてみたけど。
みぃ的には・・・・フツーでした。。

フランスパンより柔らかくて、料理やパスタのソースを絡めて食べるにはちょうど良いかもね。

でもあまりに期待しすぎちゃってて拍子抜け。

地元愛(?)からなのか、ドイツパンの方が噛めば噛むほど・・・的な味わいがあって美味しいけど?
って思っちゃった。


さて気を取り直したところで、注文の品が登場!!



f0100505_2357799.jpg

じゃじゃーん。これは「ブラジオリ」という、マルタを代表する郷土料理でございます!

肉の肉巻きとでも申しましょうか。

ひき肉を丸めたハンバーグのようなものを、さらに薄切り肉で包んで焼いてあり、
野菜たっぷりのトマトソースで煮込んであります。

すごく身が詰まっていて、お肉の存在感&重厚感がすごいです。
トマトソースはとてもフレッシュで、トマトの味がちゃんと生きていたので、その適度な酸味とお肉がすごく良く合ってました☆

ゆでキャベツと小じゃが芋が付け合せとして出てきました。とにかくすごい量~。
とってもおいしゅーございました。


しゃて。 
はち切れんばかりのお腹を抱えて、スリーマをお散歩。



f0100505_23571111.jpg

海岸沿いから見た夕焼けは、とても綺麗で。



f0100505_23571651.jpg

これぞリゾート地やね!ってゆー雰囲気がひたすら続く。

べたなぎの穏やかな海とは対照的に、わいわいガヤガヤお祭り騒ぎのような夜のスリーマ。


この日は祭日で、花火がバンバン打ち上がってて。
でも、それは何故か音だけの花火。


はじめは一体なんの音かと思ったけど、
明らかに花火の音。でも空を見上げても何もない。そんな状況がしばらく続いた。

(運動会前の、本日決行しますよ~を知らせる花火みたいなやつ。あれがひたすら鳴ってるの。)


なんて不思議な街だ・・・・・と思ってたけど。
後で知ったことには、どうやらこれも祝祭における神聖な祝い方だそうで。


その轟きには、普通の花火にはない、何かを喚起するようなパワーがあるように思えて。

この聴覚だけで感じる花火には、少し哲学的な趣きすらありました。



海に花火に・・・・・・今年一番の夏を味わった1日なのでした。


つ づ く。
[PR]
by aroma_rim | 2011-08-28 01:42 | ◆みぃ旅にでる。


あたまに花を、こころに鳥肌を!


by aroma_rim

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

◆アロマのある生活。
◆ドイツの暮らし。
◆みぃ旅にでる。
◆みぃグルメ。
◆観劇のきろく。
◆鳥肌おんがく。
◆お洒落ゴト。
◆みぃの雑記帳。
◆精油あれこれ。
◆はじめての方へ。

以前の記事

2014年 01月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(286)
(57)
(19)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(2)
(1)

LINK