映画ロケのタリン。


f0100505_22321556.jpg


f0100505_2233866.jpg


7月15日(木)

早朝。ヘルシンキの港から高速船で、対岸の国エストニアの首都・タリンへ向かう。

朝ホテルを出るときにどしゃ降りで・・・・・・こりゃ参ったな、って思ってたんだけど船が出る頃にはまた晴れてひと安心。ヘルシンキから約1時間半で着いちゃいます。早い早い。
だから、着いて当分はぜんぜん異国に来た気がしなかった。ガイドブックも何もなしで行ったけど、小さな街なのでぐるりと歩いて見て廻れちゃいます。タリン市街は世界遺産にも登録されているそうで、城壁に囲まれた歴史的建造物の多い街です。


「太っちょマルガレータ」という名前の付いたずんぐりとした塔の門をくぐって旧市街に入る。3つのライチが屋根の上に乗ってるような、そんなイガイガした丸っこい屋根のアレクサンドル・ネフスキー大聖堂や、パステルカラーの郵便局。マカロンみたいな色合いの家々。どれもほんとに可愛い。やっぱヘルシンキとは違って観光業をもろに押し出してる感じだけど、お土産屋さんも充実してて楽しめます。


ひよこのカタチをした石のベンチでひと休み。そして他人の書いた(しかも全く関係の無い国の)旅行記を読みながらひとりクククク・・・・ってほくそ笑んでる私。そして私もこうやって負けじと記録を繰り返す。旅のスケッチ、心のスケッチ。。そしてふと、朝から首がかゆいことに気づく。
んんー、かゆいなぁもうっ。とか思ってたら、どうやら「あせも」ができてた。あせも。
北欧であせもを作る女ってどーよ!笑 いやすぎる。てゆーかね、それほどここのところ暑かったんですよ。言い訳じゃないけどさ。北欧っつっても夏は暑いんだよ!!!


そして城壁カフェなう。(この「なう」さん。現在進行形で行ってることを書き留める事が多いもんだから、使い勝手が良すぎて多用してたら、その乱用っぷりがなんかすごいイヤやー!ってなって後半ぱったり姿を見せなくなりました。笑)なので、今城壁カフェに来ています。その名の通り、城壁を登ったところに作られたカフェ。1段1段が自分のひざの高さまである急な階段を登って、みぃはりんごジュースをちびちび頂く。どこを歩いても街並みはほんとに乙女チックで、色合いにもキュンキュンしちゃう。が、素敵だけど少々退屈な印象。日帰りにしといて良かったー、的な。なんだかブリュッセルみたい。


こうなりゃお得意のカフェはしごですよ。そして、3軒目のカフェでのんびりティラミスを食べながら苦いコーヒーを飲んでると、いきなりの大雨。というか豪雨。みごとな集中豪雨。思わず店員さんとアイコンタクトして、お互い「すごいっすね~」的な感じで肩をすぼめる。そして一気にやんだ。まるで映画の撮影用の雨みたいに。人工的な趣のある、きっぱりした雨。どばーって降って、ぴたっとやむ。それが、短時間に3回続いた。
きっと厳しい監督だったんだろうなぁ・・・とか思いながら。雨のシーンの撮り直しはさぞ骨が折れるだろうに。3回目にいたっては、そんな監督の苛立ちみたいなものも含まれてて、なかばやけっぱちみたいな雨だった。きっといいものが撮れたにちがいない。ところでどんな映画よそれ。笑


帰りの船に乗るために港まで行く道すがら。雨が砂ぼこりやら、観光客の多少の高揚感などを洗い流してくれたおかげで、タリンの街はいくぶん静けさが漂ってた。そしてすごくさっぱりしたみたいだった。
雨上がりというより、お風呂上りみたいな、そんなタリンさん。きもちよさそう。


そして18時に再びヘルシンキに戻ってくる。こちらもさっきまで雨が降っていたようで、同じくお風呂あがりの雰囲気が漂ってた。あたしはというと、船の中でとある思い出深い曲を聴いていたのもあって、ひとりでモヤモヤあーでもないこーでもないと答えの出ないことを考える。・・・声がききたいな、ってふと。いつまでたっても私はそんな事を考えていて(たとえ以前に抱いてた感情とは異なる想いだとしても)こうして、一人で有り余る時間を過ごしているとふと思い出して少し泣いたりしちゃうんだ。
でもきっと、こうしてる今、きみの中にはこれっぽちも私の事なんか無くって、それってあんまりだなぁとか思っちゃう。でもどうせバカな私はまた明日になるとそんなのケロッと忘れて彼の存在は無になるの。ほんとにその人の為に何かをするって、すっごい難しい。。私は間違ってた。そして今も間違ってる。ついこの前も間違えた。でも恋がしたいって思う。私はひとつ恋が終わると、またきみの事を考えたりするズルい人だ。でもきみはいつだって私の事を考えてないんだから、少なくとも定期的に考えてる私はやはり愛情深いやつってこと(にしとこうか。)また会えるかな。なーんてつって。


そんな、愛だの恋だのの殴り書きが続くキモチワルイ手帳はさておき。
夕食はオリーブたっぷりのサラダとコーヒーで簡単にすませ、ホテルへ戻る。みぃもようやくお風呂上り。ホテルの窓のすきま風をあびながら書く文章。日没をむかえ、同室の女の子はひとり寝てる。これ以上暗くなったら昨日みたいなことになってしまうのに・・・・と思いながらも、書きたい事が全然まとまってない。椅子に体育座りしながら(いちばんリラックスできる姿勢なの)色んな事を考えた。どうしてフィンランドの窓は全開しないんだろう・・・とか。明日なにしよう・・・とか。
(そう、たいてい窓は2重になっていて、マックスでも10センチぐらいしか開かないの。。寒い国だからかな?でもそのせいでアセモできちゃう女もいるのよ。笑)


早く良くなりますよーに。
ってつぶやきながら、首にたっぷりとベビーオイルを塗り込む27歳(女)。
こんなんでも、切実に恋がしたいらしい。そんなことばっか考えてた気がする乙女な1日。
・・・今後に幸あれ。


とゆーことで、このダラダラ北欧旅行記、もうちょい続きます。


●プロローグ
●1日目「決して参考にならないコペンハーゲンでの過ごし方。」
●2日目「ハラゴシラエして歩くのだ。」
●3日目「ラプシ君との長い1日。」
●4日目「大聖堂、寺院、教会、島、世界遺産、公園。」
●5日目「映画ロケのタリン。」
●6日目「自転車のある風景。」
●7日目「THIS IS LIFE×2」
●8日目「2つの旅行記のエピローグ」
[PR]
by aroma_rim | 2010-07-30 21:21 | ◆みぃ旅にでる。


あたまに花を、こころに鳥肌を!


by aroma_rim

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

◆アロマのある生活。
◆ドイツの暮らし。
◆みぃ旅にでる。
◆みぃグルメ。
◆観劇のきろく。
◆鳥肌おんがく。
◆お洒落ゴト。
◆みぃの雑記帳。
◆精油あれこれ。
◆はじめての方へ。

以前の記事

2014年 01月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(286)
(57)
(19)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(2)
(1)

LINK

「mina perhonen」
「不思議な整体」
「aroma*switch」
「mimo-memo」
「Night on the Planet」
「ドイツニュースダイジェスト」



   ★ドイツの時間★
   

お気に入りブログ

ひとり暮らし。 in o...
まいにちいろいろつくる。...
My Suomi Blog
AUTruly
gentèn on la...
Hasuta manan...
cafe de ke*
シンプルライフ♪

ライフログ

鳥肌Book&Music





  • 掲載写真の無断使用はお断りします。

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
海外生活

画像一覧

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ