しろがねいぜ。


みぃ死にかけてます。
ほんときつーーー。

花粉でくしゃみ出まくり。目ぇ真っ赤。顔ぐじゃぐじゃ。
そんな中、でっかいマスク付けてお洒落な白金台の街を歩く。。


f0100505_1991268.jpgf0100505_19919100.jpg

大好きなmina perhonenに行ってきました。
とゆーか覗いてきた。笑
2007s/sのカワイイのいーーっぱいあったんだけど、地元のショップで注文してあるのを考えると
これ以上手がでませんでして。。よく我慢できました。。

そしてそして鳥バッグ。今期のも恐ろしく可愛かった~。
そのぶん値段も恐ろしいです、、いつか欲しいな鳥しゃん。。





f0100505_19362688.jpg

そしてお次は近くの東京都庭園美術館へ。


イギリスの船乗りだった彼。
アルフレッド・ウォリス。





なんと70歳になってから独学で絵を描き始めたという異色の画家だそうです。
ほのぼのした町並みだったり、のんびりとした海だったり。
彼の描く「家」がすきだなぁ。
生きてるの家が。道も、船も。
一見稚拙な画風なんだけど、絶妙な構図で、すごく生き生きしてて愛らしい。



f0100505_2045399.jpg

塗り絵をして持っていくと
入館料が100円引きになるということで、
先日行った江ノ島の海を想像して塗ってみた☆

これこそ稚拙・・・・・笑





最後にウォリスの書いた手紙が展示されてたんですが。
信頼を寄せるテート・ギャラリーのイードへ送られた、たくさんの手紙。
たどたどしく拙い文章がまた、心をポッポさせます。
日本語への訳し方がなんとも可愛い。
生活すること、昔を思い出すこと、絵を描くこと、生きること。
迂拙な生涯にして、稚拙美あふれる人生。
たっぷり堪能させていただきました。

お。締まったかしら。笑


3月いっぱいまでやってるみたいなので、足を伸ばしてみては・・・・
>>アルフレッド・ウォリス展



「庭園美術館」ってだけあってミドリもたくさん。和みますよん。


f0100505_2037316.jpg
f0100505_20375676.jpg
f0100505_2038968.jpg
「きよは ここまで」
[PR]
by aroma_rim | 2007-03-02 20:42 | ◆みぃの雑記帳。


あたまに花を、こころに鳥肌を!


by aroma_rim

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

◆アロマのある生活。
◆ドイツの暮らし。
◆みぃ旅にでる。
◆みぃグルメ。
◆観劇のきろく。
◆鳥肌おんがく。
◆お洒落ゴト。
◆みぃの雑記帳。
◆精油あれこれ。
◆はじめての方へ。

以前の記事

2014年 01月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(286)
(57)
(19)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(2)
(1)

LINK