日常のなかの非日常と、非日常のなかの日常。



f0100505_0265567.jpgラーメンズを語るうえで、欠かせない言葉。


「非日常のなかの日常の風景」


彼らの織り成す世界には、フシギな、でも違和感のない空気が流れている。
「お時間様」「斜めの日」「「アトム」しかり・・・・
一見非凡で有り得ない状況なのに、そこに存在し生活する彼らにとってはごく当たり前の日常のひとコマなのだろう。



そういう世界観が大好き。                                                                                            
                                 左:小林賢太郎   右:片桐仁


みぃがラーメンズにはまった(と言うか狂った?笑)きっかけ・・・
それは1本のビデオから始まった。
ラーメンズのことは、高校生の時に「爆笑オンエアバトル」で何度か見かけて知っていた。
が、その時は「面白い芸風だなぁ~」と思ったぐらいで、さも気には留めなかった。

時は流れ2005年9月。
ビデオ屋さんで、ラーメンズ第11回公演「cherry blossom front 345」というビデオを借りた。
とにかく素晴らしかった。
コントの枠を超え、寸劇ともいえるしっかりした構成と良い意味で耳につくセリフまわし。
極めてシンプルな小道具と、からだがふたつ。舞台上をいろんなシーンへと変化させる。

見終って感慨深い思いで流れるエンドロールをながめていた・・・


     作・演出:小林賢太郎


うーわぁー。これら全部ラーメンズの大きいほう(当時名前すら微妙でした)が作ってるん
だぁ!!と。
この時すでに彼の作品のトリコに。。
ビデオ屋にあるものは全て見尽くし、それに飽き足らず、その時みぃはまだDVDプレーヤーも持ってなかったのにもかかわらず次々とラーメンズのDVDを大人買い。笑
かくしてラーメンズの正式マニアとなった次第であります。

あの二人のあいだに流れる独特の空気感。
アドリブとも計算づくのセリフとも言えぬ、自然すぎる演技。
大いに笑い、たまにハッとさせられ、感動までも呼び起こす。
こんなコントが今までにあっただろうか・・・!


いつかの公演の挨拶文で賢太郎氏が記したお言葉。
“お前ら、おれらと同じ時代に生きたことを感謝しろ!”と。
ええ、感謝いたしますとも!!!!
みぃのこれからの人生、お二人のおかげで深みのあるものになりそうです。
まだ観たことのないという方!!ぜひご覧になってみては。
「cherry~」は初見にモッテコイの作品だと思われます~。
[PR]
by aroma_rim | 2006-04-13 02:06 | ◆みぃの雑記帳。


あたまに花を、こころに鳥肌を!


by aroma_rim

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

◆アロマのある生活。
◆ドイツの暮らし。
◆みぃ旅にでる。
◆みぃグルメ。
◆観劇のきろく。
◆鳥肌おんがく。
◆お洒落ゴト。
◆みぃの雑記帳。
◆精油あれこれ。
◆はじめての方へ。

以前の記事

2014年 01月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(286)
(57)
(19)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(2)
(1)

LINK

「mina perhonen」
「不思議な整体」
「aroma*switch」
「mimo-memo」
「Night on the Planet」
「ドイツニュースダイジェスト」



   ★ドイツの時間★
   

お気に入りブログ

ひとり暮らし。 in o...
まいにちいろいろつくる。...
My Suomi Blog
AUTruly
gentèn on la...
Hasuta manan...
cafe de ke*
シンプルライフ♪

ライフログ

鳥肌Book&Music





  • 掲載写真の無断使用はお断りします。

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
海外生活

画像一覧

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ