金鳳花を買って帰りたくなる、そんな気持ち。


f0100505_11361624.jpg



ラナンキュラスが好きで。

和名は金鳳花(きんぽうげ)。この響きは、もっと好き。



渋い色合いのその金鳳花を、買って帰りたくなる、そんな気持ち。


少し気落ち。でも前向き。





このまえ地元のミニシアターで、映画を2本観たんだー。






f0100505_11481860.jpg



1本目は「僕のミライへ逆回転」っていうコメディ映画。

いや~~面白かった!

簡単に言えば、レンタルビデオ屋の店員たちがハリウッド映画を勝手にホームビデオでリメイク
を作ってしまうお話。


いっぱい笑えてちょっぴり切なく、そしてジャジーな物語。


エンドロールの最後に流れてた「Mr. Fletcher's Song」が、すごいこころに入ってきたんだ。


一気に飽和状態をむかえる。



そして2本目は「トウキョウソナタ」



f0100505_12275175.jpg



小泉今日子、香川照之が夫婦の、あるありふれた家族の物語。


みーはこーゆーお話を「再生もの」と呼んでて。

とっても好きなジャンル。 一種、最近のナイロンの作品とか長塚圭史作品などに近いにおい。



消失、消失、消失・・・・・・・のなかで見えてくるもの。


「やりなおしたい」に向かって、またみんなが動き出すんだ。


あの、最終的に家族がリビングに集まって朝食を食べてるシーンには、

ものすごい機微を感じてくらくらした。




ラストは、子役の井之脇海が弾く、1曲まるまるのピアノ演奏で終わる。



ドビュッシーの「月の光」が、やわらかく耳にしみちゃって。



涙とまんないよー。ほんとに、やわらかいんだもん。



消失、そして再生の光が見える。どん底だからこそ、みえる光。



そしてみぃは、手持ち無沙汰で困惑ぎみな感覚を補うために、


金鳳花を買って帰るのでした。
[PR]
by aroma_rim | 2009-01-25 12:32 | ◆みぃの雑記帳。


あたまに花を、こころに鳥肌を!


by aroma_rim

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

◆アロマのある生活。
◆ドイツの暮らし。
◆みぃ旅にでる。
◆みぃグルメ。
◆観劇のきろく。
◆鳥肌おんがく。
◆お洒落ゴト。
◆みぃの雑記帳。
◆精油あれこれ。
◆はじめての方へ。

以前の記事

2014年 01月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
more...

タグ

(286)
(57)
(19)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(2)
(1)

LINK